集団塾と個別指導塾の違いは

昔は学習塾と言えば集団で行うタイプの学習塾が多く人気を博していました。
最近は少子化傾向と学習塾の傾向により個別指導型の塾も人気になっています。
また、個別指導型の塾と集団型の塾を掛け持ちして利用している学生もいるようです。
ここでは、集団塾と個別指導塾の違いについて簡単に説明をしていきたいと思います。

従来多かった集団塾と個別指導塾の違いは、集団塾の場合、多くの場合が、プロの教員が指導に当たる場合が多く、利用する生徒の習熟度別にクラス分けが行われ難易度を変えて授業を展開することを特徴にしています。
また、受験に関する情報も得ることができて、同じような学習到達度の生徒と同じクラスになるため、勉強につまずいた際の解決にも役立つことが多いです。
しかし、生徒に対する教員の人数が少ないため、生徒全員にきちんと目が届いているかどうか疑問に思う人も多い点が欠点になると思われます。
授業を受ける生徒側は、分からない点を自分で分析して、教員に対して質問をするくらいの積極性があると、集団塾でも能力を発揮することができます。

次に、個別指導塾についてになります。
このタイプの塾は、完全型1対1での授業や、教員1人対生徒2から3人程度で授業を展開することを特徴にしています。
教員の目が届きやすいことが利点であり、生徒の問題点や性格、学習到達度に合わせて授業を進めることができます。
また、部活動や家庭の状態に合わせて、塾の曜日や時間を設定できることもできます。
生徒が質問をしやすく、教員の目が届きやすいことが良い点になることでしょう。
しかし、個別指導塾は、費用が集団塾よりも高いことが欠点になります。

子供の塾選びに悩む人は多くいると思います。
それぞれの塾の特徴をつかみ、無料体験などのサービスを利用して、子供に合った塾を選んであげることも大切になるでしょう。